FC2ブログ

大掃除

みなさん、こんにちは。
阪急メンズ東京紳士靴売場の成田です。


今年も残りわずかとなりました。
お掃除しましょう。靴も綺麗にしましょう♪


通勤で使う駅前で托鉢をしている僧侶を見かけました。
片手には鉢をもう片方には鈴を持ち微動だにせず何やら唱えています。

気になったのはその足元、草鞋を履いていたんですが裸足です。
寝起きの床なんて冷たさで早く靴下履きたいぐらいの時期ですよ。

裸足に草鞋でどう見ても暖かそうには見えない出で立ち。
修行の1つではあるそうですが・・・。
普段は何も思わないのに今回はその姿に圧倒されました。

ちょっと気になったので調べてみました。
仏教の教えのまず1番目に掃除をすることがあるそうです。
掃除をして心も洗う。

ちょっと前に流行った断捨離や、スティーブジョブズも取り入れてた禅マインド。
ちょっとした何かを楽しむヒントが隠されているとでも言いましょうか。

都会や忙しい現代社会で生きていると大切な事を忘れているのかもしれませんね。


さてさて、話が脱線しかけましたが

靴も日々のお手入れが大切ですが、溜まった汚れを落とすクリーナーの工程がポイントです。

靴のお掃除してみましょう。スタート♪

クリームと缶入りポリッシュで厚塗りになったロウ分。
シャイニストブログ2018-12-27_01
ここまで溜まると取り除くのも大変です。
そうなる前にお手入れでのクリーナーはやって欲しいですが。
厚塗りになった後でも落とせます!!

ハイシャイン編でもやりましたが、今回も用意するものは同じ。

“ブートブラックハイシャインクリーナー”¥1,200―(税抜き)
(以下:ハイシャインクリーナー)
シャイニストブログ2018-12-27_02

“ブートブラックツーフェイスプラスローション”100mL ¥1,200ー(税抜き)
(以下:ツーフェイス)
大きいお徳用サイズもあります。300mL ¥2,500―
約2倍のお値段で、内容量は3倍!!!
シャイニストブログ2018-12-27_03
2層になっていますので良く振ってご使用下さい。

ツーフェイスを使っての実験をしてみました。
シャイニストブログ2018-12-27_04

まずあり得ない状況ですけどね。
シャイニストブログ2018-12-27_05

かけました。ドレッシングみたいです。真似はしないでください。
シャイニストブログ2018-12-27_06

かけすぎです。絶対に真似はしないでください。
シャイニストブログ2018-12-27_07

この時点で20分程です。
シャイニストブログ2018-12-27_08

ここまで約50分。シミなしでした。
クリーナーは革を傷めるからと使わない方いらっしゃいますが、この画像をご覧下さい。
シャイニストブログ2018-12-27_09
カラーリング(染め替え)の脱脂・脱色の作業です。溶剤を使い表面の仕上げ剤やロウ分や汚れをしっかり落とします。
色も抜け白っぽくなってツヤもなくなってます。
シャイニストブログ2018-12-27_10

油分もなくなっているのでカサカサです。
ツーフェイスを使ってもなかなかこうはなりません。

シンナーやアルコールで拭いても、上手くやれば極端に革が傷むわけではありません(一般の方は真似しないで下さいね)。色や古いロウ分や油分を取ってあげる作業。

強弱はあれどクリーナーで落とす作業の後には、革にとって重要な油分が無くなっています。
クリーナーの後にはクリームでの栄養補給を忘れずに。

クリーナーでの作業では擦ってはダメですよ。あくまで優しくです。

本題に戻りましょう。

こびりついています。
シャイニストブログ2018-12-27_11
ある程度除去できるとロウ分が点々と残ります。
これはハイシャインクリーナーで混ぜて溶かしちゃいましょう。
そしてツーフェイスでさっぱりと。

シャイニストブログ2018-12-27_12

別部分も。
全体だったので、時間かかりました~。
30分はやっていましたね。
シャイニストブログ2018-12-27_13

そして
綺麗になりました~♪
シャイニストブログ2018-12-27_14
所用時間は約1時間でしたが、時間を忘れ集中していました。
BEFOREはこれです。
シャイニストブログ2018-12-27_15

比べるとクリーナーを使う事の大切さがわかりますよね。
ちゃんとやってあげればこんなに綺麗なんですよ。

年末の靴の大掃除にも、基本はツーフェイスがお薦めです。
もっとこびりついたロウ分にはハイシャインクリーナーを。

製品によっては色が抜ける場合やシミになる場合もありますので、目立たない所で確かめてから全体にお使い下さい。

ご心配な場合は見させていただきますのでお持ち下さい。

毎度ですが、ツーフェイス推しすぎかな。
他のクリーナーもいつかピックアップしてみますね。


新年にむけて靴のコンディション整えましょう♪
シャイニストブログ2018-12-27_16
カラーリングの作業中だったカサカサの靴はこうなりました。まったく違う靴に生まれ変わりました。


来年創業100周年を迎えるコロンブス
次の時代の幕開けにもお付き合い下さいm(__)m
スポンサーサイト

靴紐について

みなさん、こんにちは。
阪急メンズ東京紳士靴売場の成田です。


季節は秋から冬へ。もう一年も終わりだ~。
と思いながら電車に揺られています。

前に座っている方々の足元を見渡してみましたが、男性で
紐靴を履いてる乗客が見える範囲で1人だけ!?
半数以上が女性だからというのもありますが
ちょっと少ないんじゃないでしょうか。

というわけで、今回は靴紐に焦点!!
スタート♪

皆様、靴の脱ぎ履きはしかっりと「紐をほどいて&結んで」やっていますか?
履き心地に直結するとこなので、個人的には人間で例えるところの腰だと思ってます。

腰は、「からだ」の「かなめ」

そう。本物の履き心地を生み出す為には、紐の役割が肝心なのです!!

何でもそうですが、一手間をかける事でパフォーマンスが向上します。

包丁を研いだり、オーブンを温めたり。
自転車に空気入れたり、チェーンに油差したり。
車の窓ガラスを拭いたり。髭剃り前に蒸したり。

やる人は共感、やらない人はポカーン。

結果が全然違いますもん!!


ご来店いただくお客様の中でも、脱ぎ履きで紐に触れない方はとても多いです。
せっかく高い靴を揃えてお手入れをしていても見た目レベルも下がってしまいます。

紐を結びっぱなしで脱ぎ履きすると、靴の形も崩れます。履き心地も下がります。
靴が足に合っていない状態ですから、靴の痛みも早くなります。
靴は買い換えればいいですが、足の変形にも影響する恐ろしいことになるやも。

ちょっとだけ掘り下げますと。
紐を結んでいないと、簡単に脱げる状態です。
靴の中では、靴を無意識に脱げないように足の指で掴んだり引っ掛けたりしてるんです。

手で似た動作はグーパーグーパーを繰り返すこと。歩きの一歩ごとにです。
疲れます。汗かきます。この余計な汗が足の蒸れを増幅されるわけです。

紐を緩めて隙間があるほうが空気の循環が良くなるから
蒸れ対策になると思っている方とても多いですが、逆効果。
余計な汗をかきますからね。

紐をしっかり結ばないと、足は疲れるし蒸れる。
靴だけでなく、その影響は足の変形を招くかもしれない。
ちゃんと靴は履いたほうがいいです。

靴を履く以上は、足との関連性はゼロにはならないので、
どうせなら環境の改善をしちゃいましょう。
片足1~2分あれば紐は結べます。履いてる時間を考えれば微々たるものですので。


やってる方は再確認して下さい。
今回は「パラレル」1択!!!
シューレースタイトリキッド

なぜこの1択なのか。

「紐を結んで&ほどいてとやってるうちに長さのバランスが崩れてきて
これを直すのが苦手。」という方はけっこう多いです。

しかし、パラレルなら慣れると10秒ぐらいで元に戻せます!!
まずは構造の説明を。
見た目は上の写真の様に紐が表では平行になります。
しかし、裏では段違いで交差します。

紐を通す穴の表裏を上下で表現します。少し慣れは必要かもしれませんが、
すぐイメージできるようになりますのでお付き合い下さい。

今回は説明の為に、紐の穴を英数字で振り分けたいと思います。

この靴は縦に5個の穴が左右にありますので
左列をL、右列をRとして、下から順に1~5の数字をつけます。
これに表裏の上下の表現を使って説明します。
実際に靴があると解りやすいので、ご一緒にどうぞ。


スタートはL1R1に上から紐を差し込みます。穴の下へ紐が出ます。
L1からでた紐をR2の下から通します(今回はスタートを左からにしました)
シューレースタイトリキッド

R1の紐はL3へ下から通す
これで穴の下で紐が交差しています
シューレースタイトリキッド

次にR2からでた紐をL2に上から通す
下へ出た紐をR4の下から通す
シューレースタイトリキッド

L3の紐をR3へ入れ下からL5へ
R4の紐を上からL4へ入れ下からR5へ
一枚目の写真のように完成
シューレースタイトリキッド

これ慣れないとなんか複雑に感じるんですよね。

でも靴を実際に用意してもらえれば、簡単ですし
長さの戻し方も簡単に覚えられます!!

構造がわかったので、本題いきましょう。
解説は5個穴バージョンですが、これを基本に応用して下さい。

まずはこの状態。
長さが違う~。直すのめんどう~
シューレースタイトリキッド

でも大丈夫♪
まずは片手で先端を2本とも持ちます。
シューレースタイトリキッド

次に余ってる紐が3段目4段目のどっちと繋がってるか見つけます。
これは単純に引っ張って下さい。
今回はR3と繋がってましたので3段目。
シューレースタイトリキッド

この余りを一番下の段へ移して下さい。段違いだと理解してるので、もう迷いません。
この時2本の先端は持ったままでやると失敗しにくいです。
慣れちゃえば、だいたいの勘で長さ合うようになります。
シューレースタイトリキッド

子供の時にやった算数ですね。
この余りを一番上の2本で分け合うので2段目と仲良く半分こ
シューレースタイトリキッド

もう簡単ですよね。この半分こをそのまま3段目と4段目へ。
片手で2本まとめて引っ張って下さい
シューレースタイトリキッド

最後に先端を引っ張り上げて長さピッタリ!!
シューレースタイトリキッド

手早くできるとかっこいいです!!

ちょっとの手間で、多くの得があるのでやってない方は是非やってみて下さい!!



最後にアイテム紹介を。
シューレースタイトリキッド(¥800- 税抜き)
シューレースタイトリキッド

紐をしっかり結んでフィットしてる履き心地を知ると緩い靴は履けませんよね。
でも歩いてるうちに緩みはでてきてしまう。

そんな悩みはもう解決!!
靴紐を緩みにくくしてくれます。靴を履いたら結び目に垂らすだけ。

接着剤で結び目を固めてしまうわけではなく、樹脂でほどけにくくするだけ。
ゆるんでこないのに、ちゃんとほどけます。

試してみました。
紐がとにかく緩みやすく、一日に何回も結び直してました。
デザインは気に入ってるんですが結び直すのがめんどうであまり履かなかった靴。

結果!!!

丸一日結び直しなし!!
次に履いた時も結び目バッチリでした。
樹脂が残っていたみたいですね。

何回かは大丈夫だったので毎度使う必要はなかったです。

ヒモの緩みが気になる方は、ぜひ試してみて下さい!!!

最後にフィット感を高める為に紐をキツくしすぎるのは気を付けて下さい(笑)
足痛くなっちゃいますので。


来年創業100周年を迎えるコロンブス
次の時代の幕開けにもお付き合い下さいm(__)m

コードバンクリームで磨き込み

みなさん、こんにちは。
阪急メンズ東京紳士靴売場の成田です。

異動により11月1日からこちらでの勤務です。
ご挨拶ができなかったお客様が多くいらっしゃることが心残りです。
場所は変わりましたが、これからも何卒よろしくお願い致します。

異動後、一発目はこれ!!
20181112_01.jpg

元はこんな感じ
20181112_02.jpg

写っているのは手です。
シワでわかりにくいですけどね。

全体はこんな感じ 磨き前
20181112_03.jpg
↓↓
磨き後
20181112_04.jpg


使ったのは
“ブートブラック コードバンクリーム”全6色 ¥1,200ー(税抜き)
(以下:BBコードバンクリーム)
20181112_05.jpg


「コードバン持ってないよ」と思った方でも挑戦してみて下さい。

磨いたのはバスのローファーです。素材はガラスレザー。

BBコードバンクリームはコードバンでないと使えないというわけではありません。
種類はBBシュークリームと同じ“乳化性”。
革の栄養は油脂。この油脂が含まれていますから、コードバンでなくても保革できます。

使い方も乳化性クリームと同じです。
クリーニング後に、クリームを少量、革に塗布します。馬毛ブラシ(革に毛羽立ちが無ければ豚毛ブラシでも可)でブラッシングし、クリームを革に馴染ませます。
そして、ここからは裏技。
ハイシャインの要領で、少量の水を使って磨き込みます(水が多いと失敗するので注意が必要)。
磨き込みに使うのは

“磨きクロス二枚入”(以下:クロス) ¥500―(税抜き)
20181112_06.jpg


“BBコードバンクリーム”は通常の“BBクリーム”に比べ油脂量が多いです。
なので、スムースレザーに使うと光沢は控えめ(革によっては油が多すぎるのかもしれません)。

しかし、コードバンやガラスレザーでは使い方次第で「缶入りポリッシュ」にも勝るとも劣らずの光沢がでます。

最後に、写真を見てお気付きの方もいらっしゃいますね。

あんなに光らせても、履きジワのヒビ割れは起きません!!
鏡面磨き程のポリッシュの厚みをのせる必要がありません。
強めの光沢が好きな方には面白い磨き方だと思いますよ。

ぜひ試してみて下さい!!


来年創業100周年を迎えるコロンブス
次の時代の幕開けにもお付き合い下さいm(__)m

新発売ブラシ!!!2

みなさん、こんにちは。
西武池袋本店紳士靴売場の成田です。

まずは続報が発売後になってしまいまして、誠に申し訳ございません。

この辺の小回りが効くように改善していきますので、今後ともよろしくお願い致します。

でも、しっかりと発売できました。
間に合わないんじゃないかとドキドキしてしまいました。

お店に届いてからは、またジングルベ~ル♪ジングルベ~ル♪
楽しいドキドキに戻りましたよ。
サンプルも届いたので実際の使用感もお伝えできます。


サイズは片手に収まりますが、厚みがあるブラシです。持ち手の素材には檜を使用。あえてオイルのみの仕上げにして、木目の美しさが際立つ仕様にしています。ニスで塗装していないので、持った時に滑りにくいという特長もあります。

10121.jpg

筆を作る時、毛束は大きく1つにまとめます。
その技法で、今までの靴ブラシにはない植え方をしています。
植え込んでる毛束は4つ。
従来の靴ブラシは少ない毛束をたくさん並べる植え方でした。新作のフィニッシングブラシは毛束を大きく、毛量を増やし、贅沢な植え方に。

10122.jpg


触った時の心地よさと言ったら、「別格」の一言!!
サンプルをお店で色々な人に触ってもらいましたが、「おぉぉ」のような、靴ブラシを触る時には想像できない声を聞くことができました(笑)
これが産毛を使った毛束の優しさと破壊力♪
混合している馬毛も尾毛を贅沢に使っています。

10123.jpg

made in japan の素晴らしさが見事に表現されているブラシです。
これ“Pitti Uomo”に持って行ったら間違いなく注目されますよ!!

使用感の違いを確かめる為に、従来のヤギ毛ブラシと比べてみました。

使い心地は「なめらか~」気持ち良いです♪
なんとも言えない心地よい感触。

そして感触だけでなく、ブラッシング後の仕上がりも明らかに違うんです。
この艶っぽさ。
いやー、惚れ惚れしてしまいます。

使い方によってはもっと可能性を秘めているのではないでしょうか。
使い込んでの使用感は随時ブログにアップしますね。

靴磨きをさらに楽しくさせてくれる1品です♪

ワクワクさせてくれます!!


“ブートブラック フィニッシングブラシ”
価格 ¥12,000-(税抜)


この衝撃をぜひ体感していただきたいです。

店頭にサンプルを準備しておりますので実際に触っていただけます。
わたくし成田へお声掛け下さい。


来年創業100周年を迎えるコロンブス
次の時代の幕開けにもお付き合い下さいm(__)m

新発売ブラシ!!!

みなさん、こんにちは。
西武池袋本店紳士靴売場の成田です。

大人になると純粋にワクワクする気持ちって少なくなりますよね。

早く使いたい!!!

サンタクロースが待ちきれなかった子供の頃の気分です(笑)

BIG NEWSです。

新ブラシ登場します!!!(販売開始は10月1日)

“ブートブラック フィニッシングブラシ”
(以下:BBフィニッシングブラシ)

店頭でヤギ毛ブラシの展開を考えていたのですが、もうこのブラシしか見えないです♪

久々の一目惚れ☆☆

化粧ブラシが柔らかいのは知っていました。
その毛並みからくる手触りは、その優しさとは真逆の衝撃でした。

今回のBBフィニッシングブラシは企画担当がある展示会で出会った、赤ちゃん用のボディブラシが元になっているそうです。
私と同じく、毛並みの優しさに驚いたそうで。

わかります!!
きっと、私が触った物よりブラシの天然毛が気持ち良いんだろうな~。


新商品の“BBフィニッシングブラシ”はヤギ毛を使っているんですが、100%ではありません。
答えは単純に、靴磨き用にしてはコシが足りないから。
馬毛との混合で50%使用。

わかります!!

50%混合であの柔らかさ。あの滑らかさですからね。

本来の毛先だった部分を揃えて、植え込み部分をカットしています。

本来の毛先って、針のように細くなっています。
このちょっとの差が、あの感触を生むのでしょうね。

ブランドのこだわりを感じます!!

生産地は広島県にある熊野町。
“熊野筆”ブランドです。
元々は筆作りが盛んな地でしたが、現在ではその技術を生かし化粧筆も生産されています。

海外でも非常に評価が高く、日本の伝統工芸の質の良さを再認識させてくれるブランドの1つです。
そんな生産地から産み出された世界初と言える「靴ブラシ」でしょう。

いやー気持ちが先走ってしまいます♪

続報をお待ち下さい!!!

来年創業100周年を迎えるコロンブス
次の時代の幕開けにもお付き合い下さいm(__)m

プロフィール

靴クリームのコロンブス シューシャイニスト

Author:靴クリームのコロンブス シューシャイニスト
株式会社コロンブスのシューシャイニストブログです。
ただ単に靴をみがくだけでなく、素材やデザインによって仕上げを変え、新たな靴の魅力を引き出すコロンブス発進の靴磨き集団です。 シューシャイニストたちが、日頃の活動やお手入れのちょっとした裏技などを随時ご紹介します。

検索フォーム

QRコード

QR