シューケア基本編「クリーナー」

「ホコリ落とし」のブラッシングに続いて、今回はクリーナーについて書きます。

前回、ブラッシングを「掃き掃除」に例えましたが、クリーナーは「拭き掃除」にあたります。
目的はブラッシングで落とせない汚れを落とす!

だけではありません。

以前に塗った古い靴クリームを落としてあげることも大事な目的です。
靴クリームの原料は主に「水」、「油」、「ワックス」。
油や蝋は酸化し、いずれその機能を失ってしまいます。塗りっぱなしは良くないです。

古いクリームを除去してあげることで、新しいクリームの浸透も良くなるので、定期的にクリーナーを使ってあげましょう。

クリーナーは大きく2種類に分けられます。

シューケア基本編「クリーナー」


ペーストタイプは主に皮革表面の汚れに作用します。ローションタイプよりも革への浸透が穏やかなので、シミ等のリスクも軽減されます。
初めてお手入れされる方にはオススメです。

ローションタイプは皮革表面から銀面まで作用し、頑固な汚れや、皮革に入り込んだ古いクリームまで落とすことが出来ます。かなりサッパリします。
半面、クリーニング効果が高いので、使い方や靴の状態をしっかり把握しないといけませんよ。
個人的には、ローションタイプが好き。みんなに使ってもらいたいクリーナーです。


クリーナーの使い方は意外に簡単。
必要なモノはクリーナーときれいなクロス。

①クロスにクリーナーを含ませます。クロスが軽く湿る程度の量でOK。
シューケア基本編「クリーナー」

下の画像はクリーナーを付け過ぎの悪い例。
シューケア基本編「クリーナー」





②まずは、靴の目立たない場所で試してみましょう。急激な色落ち等がなければ、全体をやさしく拭いていきます。
シューケア基本編「クリーナー」

③強く擦る必要はありません。やさしく撫でる程度の力加減で十分です。
シューケア基本編「クリーナー」

③革の光沢が消えたら、古いクリームが取れてスッピンになった合図。
ここで、終了です。
シューケア基本編「クリーナー」



皮革表面に固着した古いワックスも
シューケア基本編「クリーナー」

スッピンに
シューケア基本編「クリーナー」


ペーストタイプのクリーナーも使い方は一緒。
シューケア基本編「クリーナー」
クロスによく馴染ませて使ってください。

シューケア基本編「クリーナー」

直接靴に塗るのはNG。
シューケア基本編「クリーナー」





びっくりするくらいキレイになりますよ。
クリーナーを使ってのクリーニングは、最低でも月に1回はやってあげましょう。

革がスッピンになったところで、次はいよいよクリームを塗る工程です。
つづきます。
スポンサーサイト

シューケア基本編「ブラッシング」

靴磨きの工程で、最初に行なうのが「ホコリ落としのブラッシング」。
シューケア基本編「ブラッシング」

この工程、皆さんが思っている以上に重要なんです!

サザエさんの掃除のシーンを思い出してください。
箒をかけて、拭き掃除をしていますよね?
その手順は靴のクリーニングにも当てはまります。
箒をかける(=ブラッシング) 床を拭く(=クリーナーで拭く) 

まずは大きな汚れやホコリを払ってあげることが大事なんです。
砂埃などが付いた状態で、クリーナーで拭き上げると革にキズが付く場合がありますよ。

ホコリ落としに使うブラシはどんなモノがいいの?という質問をよく耳にします。

靴磨きに使うブラシは大きく豚毛と馬毛に分けられますが、毛の長さやコシ、植込み具合で
用途が違うんです。

■毛の長さシューケア基本編「ブラッシング」
■毛の密度シューケア基本編「ブラッシング」
こんなに作りが違います!

ホコリ落としには、毛足が長く、毛が密に植込まれた馬毛ブラシが最適です。長く柔らかい毛足が靴のコバなどの細かい部分にも上手くアプローチしてくれますよ。

ブラッシングの大切さを心に刻み、右手(または左手)に馬毛ブラシを持ったなら、あとは優しくブラッシングしていくだけです。

あくまで毛先を靴に沿わしていく程度の力加減で!
シューケア基本編「ブラッシング」良い例

こんなに毛を強く押し当てるのはオススメできません。
シューケア基本編「ブラッシング」悪い例


カカトからつま先にかけて一方向にホコリを払い落とすように。
シューケア基本編「ブラッシング」


これで、靴表面のホコリはきれいさっぱり無くなります。

このブラッシング、実は毎日やってほしいコトです。
一日履いた靴は、帰宅時に軽くブラッシングしてあげるだけで、キレイが長続きします。
習慣化オススメです。

ここで、ひとつ新商品紹介も。
「コロンブス ハンドブラシ馬毛」新発売です。
シューケア基本編「ブラッシング」

女性や手の小さな方にも握りやすいハンドル付きのホコリ落とし用ブラシです。


忙しいビジネスマンが仕事の合間にサッとホコリを落とす時にも最適。
靴を履いた状態でも、ブラッシングしやすいです!
シューケア基本編「ブラッシング」

通常タイプのブラシだと腰を落とさないといけませんね。
シューケア基本編「ブラッシング」

使いやすさは、人それぞれ。
好みのブラシを見つけて使っていくうちに、気が付けばお手入れの達人になっているはずですよ!

オンラインカタログオンラインショップ

世界のコロンブス アメリカ編

海外レポート「世界のコロンブス アメリカ編」です。

当社のMADE IN JAPANの高品質な靴クリームは、世界の名だたるシューメーカーにも採用されています。
ある日はイタリア
ある日は中国
世界中を飛び回ります!
そして今回はアメリカ。

スペインの某有名シューメーカーの北米本社との取り組みで、オハイオ州コロンブスシティへ。(本当はコロンバスと発音するようですが・・)
世界のコロンブス アメリカ編

コロンブスがコロンブスシティへ。
なにかの縁ですね。
世界のコロンブス アメリカ編世界のコロンブス アメリカ編世界のコロンブス アメリカ編世界のコロンブス アメリカ編
あなたの身近で見つけた「コロンブス」教えて下さい。


海外でも高評価を頂いている自慢のクリーム「Boot Black」。
ラベルが英語表記になると新鮮に感じます。
世界のコロンブス アメリカ編世界のコロンブス アメリカ編

まだまだ靴を磨く文化が浸透していない国や地域も多いです。
世界中の人に靴を磨く「楽しさ」を、当社の靴クリームを通して感じて頂けたら嬉しいですね。