ハイシャインについて②

ラピッドハイシャイン、シューポリッシュとハイシャインについての記事が続きましたが、ハイシャイン編は今回でラストです。

私達が現時点で提案できる最高のシューケアブランド「Boot Black」から
HIGH SHINE BESE ハイシャインベース」
ハイシャインベース
「HIGH SHINE COAT ハイシャインコート」
ハイシャインコート
について書きます。
※以下、ベースとコートと書きます。

この商品、名前の通りハイシャインをするためのクリーム。
あえて、ベースとコートの2つに分けたのにも理由があります。

ベースはハイシャインの綺麗な塗膜を形成する為の「下地作り」の役割。

コートは下地が整えられた上に形成する「お化粧」の役割。

各々の役割を分けることで、結果、作業の効率性を上げることが、この製品たちのコンセプト。

使い方の説明をしながら、詳しく説明していきます。

①まずは、ベースを革表面が曇る程度塗り込んでいきます。
ハイシャインについて②
ハイシャインについて②

②曇った状態を確認したら、そのまま最低でも3分ほど放置します。
放置時間は正直自由。1時間でも2時間でも。一晩でもOK。
この放置している時間で、ベースの溶剤成分が揮発→蝋分の凝縮=下地が作られていきます。
この待ち時間、ただ待つのは時間の浪費。

その間に出来るケアはたくさんありますよ!

コバのケアや
ハイシャインについて②

ソールのケアや
ハイシャインについて②

下地を形成している間の待ち時間をいかに有効に使うかも、腕の見せ所ですよね。

③時間を置いた後、軽く水拭き。
ハイシャインについて②

ここで無理してツヤを出そうとしなくていいです。
あくまで、表面を軽く整えてやるイメージ。
ハイシャインについて②


ここまでで下地作りは完成。コツもいらないし、すごく簡単。
ハイシャインについて②

下地をしっかり作ることで、次のお化粧の工程がすごく楽に早くなります。


④コートを塗布し、通常通りのハイシャインの手順を行なう。
ハイシャインについて②
ハイシャインについて②


コート塗布からの流れは、前回、前々回と説明してきたハイシャインのやり方とまったく同じです。
ハイシャインについて②

油性であるベースは、綺麗な塗膜を作ることよりも、とにかく皮革表面の凹部を埋めることに重点を置き、WAX、油脂の選定や配合を工夫しています。

それに対して、コートは乳化性。みずみずしく、透明感ある塗膜を生み出すことだけに特化させています。

2つで1つ。ピッチャーとキャッチャーみたいな互いに活かし合う関係の製品。

ぜひ、一度試してみて下さい。きっと仕上がりに驚くはず。
さて、最後にハイシャインをするうえでのちょっとした注意点。

①靴のデザインに注意
メダリオンの靴をハイシャインする場合は、クリームが飾り穴に詰まってしまう場合も。

詰まった状態で仕上げてしまうと、見た目が悪くなっちゃいます。
ハイシャインについて②

詰まった場合は、ブラシでかきだしてあげましょう。

メダリオンの靴をハイシャインする場合は、水を落とす位置に注意が必要。

メダリオンの穴には絶対に水を入れないで!
穴に入ると水分でふやけてしまい、うまく塗膜ができません。

穴から離れた部分に一滴落として、全体に広げるイメージで。
ハイシャインについて②


②ハイシャインをする前に
事前に必ず乳化性クリームを使用したケアを。
靴の寿命に関わることなので必ず守りましょう。

 
以上のことを踏まえて、ハイシャインを楽しんでください!
スポンサーサイト