FC2ブログ

ハイシャイン編④ ~“力加減”と“水の使い方”~

みなさん、こんにちは。
西武池袋本店紳士靴売場の成田です。

前回の“ポリッシュをしっかりのせる”
できました?

これができると光った!!
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それでも謎多きハイシャイン。
過去3回をものにして、やっと試合に集中できる状態が整ったのではないでしょうか。

では、第4回スタート♪

今回は
“力加減”と“水の使い方”です。
これからは感覚的な話になるので、あくまでも「私の場合」です。
参考になれば幸いです。

ポリッシュで光らす為には、革の表面の毛穴を埋めなければなりません。
これは共通です。
人によってやり方が違うのが力加減と水の使い方。

ある人は
「水を一滴~」 「あまり力をいれずにやさしく~」

でも、別の人に聞くと
「毛穴を埋めるために力を入れます!!」

どれが正解なのっ??

人によって違う!!
結局はこの一言なんですが・・・

私自身は指圧は弱め。水は多め。

まずは、力加減の説明から。

指の圧を例えるのって難しいんですが、色々考えた結果これがgood!

①序盤は優しく。 

②中盤はコロンブスの売れ筋商品「アメダス420mL」のスプレーボタン押しても噴射されないぐらい。または、ほんのちょっとでるくらい。

③終盤も優しく。

どれくらいって言われると毎回困っていたので、スプレーボタンを押す力加減の例えは、自分としてはグッドアイデア!!
これなら簡単に試せるし。
これで解決♪

店頭にはアメダスのサンプルを用意してますので、実際に触っていただけます。

家で早速押してみた方

ありがとうございます!!
これからもアメダスを宜しくお願いしますm(__)m


次は水の使い方。

水は基本的には布に染み込ませるのではなく、ポリッシュを塗布した革の上に一滴置いて、転がすイメージ。

ハイシャイン編④ ~“力加減”と“水の使い方”~


革は濡れた状態で擦られるのに弱いので、まだロウの膜ができてないうちは水の量に気を付けて下さい。

私の感覚では、水の役割は滑りを出すためです。
ポリッシュを塗布して布でひたすら擦っても、ひっかかりが生じて上手く指が動かないですよね。

一滴で足りなければ、水を足す。

一層目だけは最初の水の後にちょっと滑りますが、すぐに粘りがでてきます。
ただ、そこですぐには水を足しません。

革は濡れた状態で擦られるのに弱いので、まだロウの膜ができていないうちにそのまま擦ると表面が荒れます。
乗せたポリッシュがポロポロとれることも。

その粘りの後にまた少し滑りがでます。
その滑りの後に水が足りなくなったら足します。

ここが一番難しいんじゃないでしょうか。
ポリッシュを取る量や、力加減、ポリッシュの状態で水の量が変化します。


今回はこのへんで終わりです。

次回へ続く。


来年創業100周年を迎えるコロンブス。
次の時代の幕開けにもお付き合い下さいm(__)m
スポンサーサイト

プロフィール

靴クリームのコロンブス シューシャイニスト

Author:靴クリームのコロンブス シューシャイニスト
株式会社コロンブスのシューシャイニストブログです。
ただ単に靴をみがくだけでなく、素材やデザインによって仕上げを変え、新たな靴の魅力を引き出すコロンブス発進の靴磨き集団です。 シューシャイニストたちが、日頃の活動やお手入れのちょっとした裏技などを随時ご紹介します。

検索フォーム

QRコード

QR