FC2ブログ

ハイシャイン編⑤ ~土台作り~

みなさん、こんにちは。
西武池袋本店紳士靴売場の成田です。

前回まででハイシャインをなんとなくは掴めたでしょうか。

人によってやり方が違うので1つの例として参考にして下さいね。

今回からは私の店頭での説明風に更に詳しく紹介します。
謎深き指の動かし方も。


では、スタート♪

用意するのはポリッシュ、布(巻き方編の磨きクロス)、水
と、ブートブラック ポリッシュウォーター(無くてもできます)。
まずは布がぶれないように巻いて。

①革に曇るぐらいポリッシュをのせます。
ポリッシュでしっかり曇らせる。

ここからは水を使います。
前回やりましたね。

②ポリッシュを塗布した革に水を乗せて、布にとったポリッシュを滑らせる。
一滴で足りなければ足します。
磨き始めは滑らないので優しく。
水を転がす感じです。

曇らせた部分全てに、布をコントロールして水をまとわせるように優しく。

指の動きは「円を描く様に」
と表現されている事が多いですが、私は“指の軌跡で小さいチェーンを繋げる感じ”とお伝えしています。

動かしやすいようにやればいいんですが、満遍なく触るって意外と難しい。
小さいチェーンを繋げると目で見てわかりやすいですね。

そして小さいチェーンを繋いだら大きく動かして曇りを消す。
この繰り返しです。
ここでのイメージは黒板消し。
黒板のチョークは黒板消しでそれなりに消えますが、もっとキレイにするには大きい動きでキレイにしますよね。


ここまでが上手くいくと・・・
少し光った方もいますよね?

ここでまた1つ。
「いつまでこの動作を繰り返すのか」です。
無駄に水を足して擦ってる場合があります。

布を見て下さい、
布のポリッシュの色が薄くなったか確認。
ハイシャイン編⑤ ~土台作り~


薄くなっていれば、次にまたポリッシュをのせましょう。
ハイシャイン編⑤ ~土台作り~


私はここまでが土台作りの基礎です。
革の状態によっては①~②の工程を繰り返します。

ここまで来ると見る方によっては満足な光り具合だと言われます。
ですが、まだ土台作り。

土台の完成と光らせる作業はまた次回です。

最後に重複しますが

水は滑らせる為に使うイメージ。
ですが!!
水が多すぎると、ポリッシュの塗膜を剥がして革に染み込んでしまい失敗します!!
ご注意下さい。
そして左右交互にやって下さいね。


来年創業100周年を迎えるコロンブス
次の時代の幕開けにもお付き合い下さいm(__)m
スポンサーサイト

プロフィール

靴クリームのコロンブス シューシャイニスト

Author:靴クリームのコロンブス シューシャイニスト
株式会社コロンブスのシューシャイニストブログです。
ただ単に靴をみがくだけでなく、素材やデザインによって仕上げを変え、新たな靴の魅力を引き出すコロンブス発進の靴磨き集団です。 シューシャイニストたちが、日頃の活動やお手入れのちょっとした裏技などを随時ご紹介します。

検索フォーム

QRコード

QR