新発売 「RAPID HIGH-SHINE」

新しいクリームが発売されました。

その名も「RAPID HIGH-SHINE(ラピッドハイシャイン)」
新発売「RAPID HIGH-SHINE」


靴のつま先やかかと部分を鏡のようにピカピカに磨き込む手法を「ハイシャイン」と言います。このハイシャインを誰にでも楽しんでもらえるように配合を工夫して作ったのが「RAPID HIGH-SHINE」です。

RAPIDという名前の通り、メチャクチャ光るのが早いです。

理由はWAX(蝋分)の配合率。

ハイシャインの原理は、簡単に言うと革の表面の凹凸をWAXで埋めて表面を平滑にすることです。
凹凸を効果的に埋めてくれる有効成分=WAXの量が重要になります。

WAXの配合率を可能な限り高めつつ、使用感も良いものにする。これが意外に難しくて、苦労しました。

というわけで、紆余曲折しながら完成した「RAPID HIGH-SHINE」。使い方の説明をします。

準備するものは、クロス(柔らかいコットン100%のものが理想です)、「RAPID HIGH-SHINE」、水。この3つがあれば、誰にでもハイシャインが出来ます。

①クロスを指に巻きます。この工程すごく大事です。
新発売「RAPID HIGH-SHINE」
新発売「RAPID HIGH-SHINE」
新発売「RAPID HIGH-SHINE」
新発売「RAPID HIGH-SHINE」
新発売「RAPID HIGH-SHINE」

クロスを巻いた指の腹が、シワなくフラットになっていることが重要!!
シワがあると、どんなに磨いてもピカピカにはなりませんよ!

②水を用意して、指に巻いたクロスを水で湿らせます。ビチャビチャに濡らすのではなくて、半乾きの洗濯物程度に湿らすのがコツ。
新発売「RAPID HIGH-SHINE」


③RAPID HIGH-SHINEをクロスにとり、光らせる部分に塗り込んでいきます。
新発売「RAPID HIGH-SHINE」


1回目塗る量は多めで!革に押し込む感じで少し指先に力を入れて。
新発売「RAPID HIGH-SHINE」


革が曇る程度に塗り込みます。この状態まで塗り込むことが失敗しないコツ!
新発売「RAPID HIGH-SHINE」


④クリームを塗り込んで曇った部分に水を一滴落とします。
新発売「RAPID HIGH-SHINE」


⑤一滴落とした水で曇りを消すように、優しくクロスで磨きます。円を描くように磨いていくときれいに仕上がります。
新発売「RAPID HIGH-SHINE」


これが一連の流れ。
一回でも、これくらいにはキレイに光ります。
新発売「RAPID HIGH-SHINE」


新発売「RAPID HIGH-SHINE」


光りかたが物足りない方は、③~⑤の工程を数回繰り返して下さい。
注意すべきは、③の工程のクリームの量です。塗布2回目からは量を減らして。少量を薄く重ねてください。

文章で説明するのは、すこし難しいですね。赤い文字の部分が重要なコツです。

文章力のなさで上手く伝わってなくても、実は心配していないんです。

RAPID HIGH-SHINE使ってもらったら、多少やりかた違っても、予想を超える出来栄えに満足してもらえると確信してるから。

「ハイシャインってプロがやる技だし難しそう」
「興味あるけど不器用だから自信がないなぁ」
って方に、ハイシャインを身近に感じてもらえれば嬉しいです。
磨けば磨くほどピカピカになるのは、楽しいし、気持ちいいですよ。

次回は、ハイシャインについてより深く掘り下げて考えてみます。

起毛の虜

動物が好きです。

特に子犬や子猫は一日中抱いて撫でていても飽きません。

あのフワフワな柔らかい毛並みの虜になった方はきっと多いはず。

そんなフワフワ大好きな方達は、きっとスエードも好きなはず。

今日はそんな起毛の虜になった方達へ向けて。起毛革の話です。

起毛した革を起毛革と言います。
スエードやヌバック、ベロアなど毛足の長さなどで名称は違いますが、ケアの手順は一緒。
スムースレザーよりもケアが難しいと思われがちな起毛革ですが、実はすごく単純で簡単なんです。

起毛革の中でもメジャーなスエードの靴で、ケアの一連の流れを説明します。
起毛の虜_01


①まずは起毛革専用ブラシでブラッシング。
起毛の虜_02


起毛の虜_03
力を入れすぎず、やさしくブラッシング。
毛の奥に入ったホコリを掻き出して、毛並みを整えます。

起毛素材はブラッシングがとても重要。
ブラッシングでケアの7割完了するくらい重要です。
ブラッシング ブラッシング ブラッシング 3回声に出して覚えましょう。


②退色が激しい場合は、起毛革専用の補色ミストで色を補います。
起毛の虜_04
起毛の虜_05


全体が軽く湿るくらいにスプレーします。
何度か重ねてスプレーすることで、色は濃くなります。退色具合でスプレーの回数は調整してください。
手に付くと落ちにくい場合がありますので、気になる方は付属の手袋を使用ください。


③スプレー後、専用ブラシで再度ブラッシングを行い毛並みを整えます。
起毛の虜_06


起毛革の補色ミストは、退色しにくい染料が配合されていて色数も12色!
きっとあなたの靴にぴったりの色が見つかるはず。
ローズヒップオイルという保革オイルも配合なので、乾燥した革もしっとり蘇ります。


④仕上げに防水スプレーを。
起毛の虜_07
起毛の虜_08


靴から20cmほど離して、全体が軽く湿る程度にスプレーします。

起毛革と防水スプレーの相性は最高。

防水スプレーを定期的にスプレーすることで、雨染みや汚れから起毛革を守ります。

これでケアは完了。簡単でしょ?
起毛の虜_14


なにより大事なのは、ブラッシング。
スエードの靴を履いた日は、帰宅後、かならずブラッシングしてホコリや汚れを溜めないのが一番大切。

そんなブラッシングに最適な起毛革専用ブラシが新発売されます。
「コロンブス スエードブラシ」
起毛の虜_09


0.08mmの極細ステンレス毛を使用した起毛革専用のブラシです。
起毛の虜_10


極細のステンレス毛が、革を傷つけることなく細かいホコリを落とし、毛並みを整えます。
適度なコシを持たせているので、毛足が寝てしまったスエードの毛を起こす際にも活躍します。

上質なシルキースエードにも。
起毛の虜_11

デリケートなムートン素材にも。
起毛の虜_12


丈夫なブナ材を使用した握りやすい持ち手。女性の小さな手にもフィットします。
起毛の虜_13


なによりブラッシングした時の感触が今まで使ってたブラシとはまったく違うはず。

ぜひ、一度手にとって実感してみてください。

【感謝の気持ち】

一人で何でも出来るとイキッていた思春期は遠い昔。

歳をとる毎に支えてくれる人やモノへの感謝の気持ちが強くなってきました。

人への感謝は「言葉」と「行動」で伝えて。

モノへの感謝は「ケア」することで表して。

今日はそんな話。

靴のソールって気にしたことはありますか?

雨の日も、雪の日も、ガム踏んじゃってヘコんだ日も、常に足元を支えて守ってくれているソール。

靴で一番負担のかかる部分だけど、普段あまり気にしない部分。

たまにで良いです。月一回くらい。感謝の気持ちでケアをしてあげましょう。

今回はレザーソールのケアの手順を。
感謝の気持ち


①まずは馬毛ブラシでソールに付着しているホコリを落とします。
感謝の気持ち


②ソールに固着した汚れがある場合は、クリーナーを使用します。
※目立った汚れがない場合は、この工程は不要です。
感謝の気持ち
感謝の気持ち


③綺麗になったソールに「レザーソールリキッド」を塗っていきます。
感謝の気持ち
感謝の気持ち

ミンクオイルを配合しているレザーソールリキッドは、ソールの柔軟性を高め、ヒビ割れなどの劣化を防ぎます。

塗ったソールは革の色が濃くなっていますよね?
革への浸透性の高さも特長のひとつ。
オイルがしっかり革に浸透することで、防水性・耐久性もアップします。
感謝の気持ち
光沢は出ません。
というか、光沢出しちゃダメです。
ツルツル滑る原因になります。

靴のケアってキレイにすることが目的の大半を占めているし、美しさを求めるのは正解。

でもソールのケアに関しては美しさよりも「労わる」ことを目的にして欲しいです。

これからも長く長く、足元を支えてくれるように、月一回の「労わり」を始めてみませんか?

引き続き 美の女神は細部に宿る

前回に続いて、コバ関連の話です。
コバというより「ウェルト」といった方が正確かもしれないですね。

「グッドイヤーウェルト製法」

聞いたことある方が多いと思います。靴の製法としてはメジャーです。

アッパーに縫い付けられた「ウェルト」と呼ばれる部分とソール部分を縫い合わせて靴にする製法。

ウェルト部分には革が使われていて、縫い糸には蝋を含ませています。
引き続き美の女神は細部に宿る


今回はウェルト部分のケアについて。

ウェルトはホコリや汚れが溜まりやすい部分です。革を使用したウェルトには油分も必要。また、縫い糸の蝋は長年の使用で取れていくので、蝋も再び塗りたいところ。

①まずは、竹ヨージを使ってホコリ、汚れの除去から。
引き続き美の女神は細部に宿る


あまり見ない形状のブラシかもしれないですね。

コレが最高に役立つんです。

ウェルトとアッパーの隙間にもアプローチしやすい形状で、しっかり汚れをかき出します。
引き続き 美の女神は細部に宿る


②ポリッシュ(無ければ乳化性クリームでもOK)を使って、蝋分・油分を与えます。
ポリッシュの色は無色で。
引き続き美の女神は細部に宿る


ポリッシュは蝋と油脂で構成されています。
ウェルトの革には油分を。縫い糸には蝋分を。最高のバランス。


竹ヨージにポリッシュを付けて、ウェルトに塗りこんでいきます。
引き続き 美の女神は細部に宿る
引き続き 美の女神は細部に宿る



縫い糸に蝋を与えることで、糸の強度、防水性が向上します。
また、ウェルトの革に油分を与えることでウェルト自体の寿命も延びます。

ウェルト部分のケアは見落としがちですが、靴の寿命に関係する大事なケア。
そしてケアをすれば、間違いなくキレイになります。

美の女神は細部に宿ります。

美の女神は細部に宿る

2018年になりました。

みなさん、今年の目標はたてましたか?

2018年のコロンブスは「初志貫徹 【しょしかんてつ】」をキーワードに掲げました。

「小さな輝きを大切にする」「使う度に感動を覚える商品作り」という創業以来の志を企業として貫いていこうという決意表明です。

2018年は、もっともっと多くの人の足元が輝いている年にしたいですね。

さて、今回はちょっとだけマニアックなケアの話をします。

目立たないようで、意外に目立つ。
気になるけど、ケアはどうやるの?
0109_美の女神は細部に宿る


目立たない部分だけど、地面と一番接する部分。体重を日々支えてくれている縁の下の力持ち。
「コバ」
大事にしましょう。

今回はレザーソールの靴を例にします。
何もケアしていない状態のコバは、表面が荒れて毛羽立ってきます。また、色落ちも目立ち可哀相な状態。
0109_美の女神は細部に宿る

使用する商品はこんな感じ。

美の女神は細部に宿る


①「サンドペーパー 400番くらいのモノ」でコバの毛羽立ちを整えていきます。
0109_美の女神は細部に宿る

コバ表面の凹凸や毛羽立ちがなくなる程度に。時間は少しかかるかもしれませんが、この一手間が、仕上がりに大きく貢献します。

②コバの色に合った、「革コバインキ」を塗り補色します。
0109_美の女神は細部に宿る
0109_美の女神は細部に宿る

靴の修理屋さんに行かれたら、工房に目を向けてみて下さい。
かなりの確率で工房のどこかに革コバインキが。
プロも一目置く信頼の製品です。

この製品、少しだけ塗るのにコツが。
ビンのフタを開けると、フタに塗布用スポンジが付いています。この塗布スポンジに液を染み込ませて塗っていくのですが、染み込ませる量が多すぎると液ダレするなどの失敗の原因に。
ビンの縁にスポンジを押し付けて液を落とし、量の調整をするのが大事です。
0109_美の女神は細部に宿る

あとは、迷い無く一気にコバに塗っていきましょう。

コバインキが乾いたら、から拭きして完成です。
ここまでが、一般的な革コバのお手入れ。

でも、もっとキレイにしたい!新品の頃のあの輝きを!という志の高い方。
大好きです。

そんな方は
③「ポリッシュ(油性クリーム)」を使って更に磨いていきましょう。
0109_美の女神は細部に宿る

ポリッシュと水を交互に使い、鏡面磨きをする要領でコバを磨いていきます。
0109_美の女神は細部に宿る

完成!
0109_美の女神は細部に宿る

Before After が一目瞭然ですよね。

キレイになっただけでなく、ポリッシュのWAX成分で水にも強くなります。

普段はあまり気にかけない部分かもしれないコバ。
だけど、ケアすると靴全体の印象が引き締まります。

美の女神は細部に宿ります。

2018年はコバのケアでワンランク上の輝きを手に入れませんか。